NINE-SYSTEM

ninesword.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 17日

ビークル到着 その2

到着しました。本命、グリーンホバー。
これはまた良いものを手に入れた実感たっぷり。
ワイアットの専用機は決定です。
パイロットとして写っているワイアットは、まだ髪の毛を加工中です。なんだか髪型はふーさまと秋山蓮を足したような空気が漂ってきました。
でもたてがみの様な髪型は見ているうちに気に入って来たんで、この方向でもう少し作ってゆきます。出来ればダイアンのゴーグルを付けられる様に額を出す型の前髪を作ろうかなとも考えてます。
また、脛のカラーリングをウエスタンブーツ風に出来ないか思案中です。
f0049781_21501066.jpg

[PR]

by ninesword | 2006-09-17 21:58 | ミクロマン全般
2006年 09月 14日

プロローグ0

息も詰まる様な密室の中、斬激が交錯し、反射する光の軌跡が見るものの目を細めさせた。
いや、その細める目は眩さをやわらげる為だけでは無い。
高速の太刀筋を見極める為にも、その作業は互いに必要だった。
二人の剣士は俊敏に縦横を巡り、幾つもの軌跡を描く。
「やりやがる…」
濃紺色に身を包んだ男は、眉間に皺を寄せながら舌打ちをした。端正な顔に緊張が浮かぶ。
その表情の脇を鋭い突きがかすめてゆく。
「しつけぇ!」
悪態の呼吸から突き放す様な強打をあびせ、飛び退くと愛剣のスイッチを入れた。
耳につく高音が瞬時に轟音へと変化し、刀身が輝き始める。
手もとに描かれた光輪には目もやらず、溜めた腰を軸に、彼の全能力を光の刃に乗せた。
「ぶうっ裂く!」
光が一文字を描く瞬間だった。
獣の様にしなやかな影が懐に飛び込み、描かれるはずの文字が刃もろとも断ち切られた。
「!」
斬りざまの柄を強打され、それを落とさぬまでも必殺の一撃は阻止されたのだった。

「テスト完了です。模擬戦を中断して下さい」
緊迫した空間にそぐわぬ女性の声が響いた。
「終わりかよ」
気をそがれた男が太もものホルダーにパルサーショットを戻した。
「お疲れ様です、ソードウォリアー。任務は完了しました、後はごゆっくりお休み下さい」
オペレーターの声にソードウォリアーと呼ばれた男は鼻で笑った。
「はッ、終わったんなら帰らせてもらうぜ。おい手前ェ、決着はまた今度だ」
振り向き様、今まで剣を交えた相手に不敵な笑みを見せると、彼はトレーニングルームを後にした。
その背中を見つめる男の瞳には感情はあれど、前者の持つ命の光に比べ、冷めた光を放っていた。

「概ね順調、ですね」
「ミッションフォースの中でも手練を相手にしながら、あれだけ競り合う事が出来れば上等ですな。後は仕上げが残ってはいますが…」
この光景をモニター越しに、二人の男が観察していた。
上質なスーツを纏い豪奢なソファに体を預けた男が長い前髪を弄びながら、眼鏡に神経質な表情を隠した男へ話しかけた。
「あれでもまだ」
「ええ、実戦経験はありません」
無機質なメタルフレームの奥で狂気とも正気ともつかない輝きが誇らしげに光った。物言いからも、この男の顕示欲といったものが伝わってくる。それを受け止めるでもなく長髪の男が口を開いた。
「もう時間が残されていない事は承知していますね」
その声には深く冷たい響きが含まれていた。その意味を理解した眼鏡の男は身を震わせた。
「もちろん!私めも全能をかけて、計画は進めております!ご安心を…」
「その言葉、信じていますよ」
そう言いながら、既に彼の意識はその場に無かった。視線はただ一点、モニターに映る姿、冷めた表情のミクロマンを凝視していた。
そのミクロマン…ケルトの神の名を与えられた男が課せられた運命に気付くには、まだ時が手を持て余していた。
----------------------------------------------------------------------------
(文章のリハビリ代わりに駄文を少々。マニューバーフォース結成前のルーグと模擬戦をおこなった某ミクロマンという設定で。ファンの皆様、どうか石を投げないで…一応話し方はマガジンゼロワン版を元にしてます。ホントはもう少しクールな物言いをさせたいんですけどね。ちなみにしばらくはノベル更新は無いはずですのであしからず。)
[PR]

by ninesword | 2006-09-14 23:24 | ミクロノベル
2006年 09月 09日

ビークル到着 その1

先日から言ってました、ビークルのうち、一つが到着しました。
ゴーゴーファイブのレッドラダーです。
ゴーゴーファイブは見た事無いんですけどね。
若干大きめではありますが、なかなかいい感じ。同時にガオレンジャーのガレオパルサーも買ってみたんですが、こちらはサイズが合わず駄目でした…バイクでは無く、バイクのスタイルをしたマシンとして改造してみるか…

後はグリーンホバー待ち。ワイアットはグリーンホバーをベースにしたビークルを専用マシンに活躍してもらいます。

外装と内装にも手を加え、マニューバーフォースの移動指令部兼、整備デッキになる予定。正式ドライバーはヒューペリオンにして、助手席にオペレーターの女性ミクロを乗せてみようかとも考えてます。
f0049781_21334963.jpg

[PR]

by ninesword | 2006-09-09 21:50 | ミクロマン全般
2006年 09月 05日

何となく

額が出てるのと、メッキ剥離後の色白さのせいで何となく白波っぽく思ったりして。
でも、漂白剤のせいで削った所以外は黄ばんでいるんですけれどね。
モールドが飛んで、あんまりディテールが写らなかったのが残念。
写真では分かりにくいんですが、バンソーコーは削り、顎、頬、眉間も削り込んでいます。眉毛も無かったりするんですが…。
何となく、沖雅也と杉良太郎の若い頃を足した様な顔になってます(笑)
デザインナイフで荒削り、刃を立ててカンナ削り後にVカラーシンナーを綿棒に付けて磨いてます。噂通り、樹脂類の対しての溶解性は注意&特筆ものかも。
予定ではサイドからバックにかけて増毛(笑)して何箇所かくせ毛を作ろうかなと思ってます。上手くいけばハードめなジェルでセットした感じになるかなぁ。
ルーグとワイアットはベースのせいもあって小顔なんですよ。

まぁ、今回は小ネタです。本当は銃キャラだからリュウガンオーで、ふー様っぽくもしたかったんですが。リュウガンオーは欲しかったけど、持ってないんですよね。
パテ盛り後から髪型作成までは今週末に。
f0049781_23391743.jpg

[PR]

by ninesword | 2006-09-05 23:41 | ミクロマン全般
2006年 09月 04日

現在

折角コメントも頂いているので明日の空き時間を見て、ワイアットのヘッド作成に入ろうかと思ってます。
随分前にメッキ剥離は済んでいたので、パテ盛りから。
写真や映像から適当に実際の髪型をマンガ的にイメージ変換するのがNinE式の頭部改造法。
そうするとあまり既存のキャラには似ないので、それなりのオリジナルになるんですよ。
襟足を長くし過ぎると首の可動に干渉するので加減が重要ですね。

ワイアット用のビークルとして戦隊モノの、とあるマシーンを調達計画中。
手に入ればまた報告いたします。
[PR]

by ninesword | 2006-09-04 23:37