NINE-SYSTEM

ninesword.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ミクロノベル( 1 )


2006年 09月 14日

プロローグ0

息も詰まる様な密室の中、斬激が交錯し、反射する光の軌跡が見るものの目を細めさせた。
いや、その細める目は眩さをやわらげる為だけでは無い。
高速の太刀筋を見極める為にも、その作業は互いに必要だった。
二人の剣士は俊敏に縦横を巡り、幾つもの軌跡を描く。
「やりやがる…」
濃紺色に身を包んだ男は、眉間に皺を寄せながら舌打ちをした。端正な顔に緊張が浮かぶ。
その表情の脇を鋭い突きがかすめてゆく。
「しつけぇ!」
悪態の呼吸から突き放す様な強打をあびせ、飛び退くと愛剣のスイッチを入れた。
耳につく高音が瞬時に轟音へと変化し、刀身が輝き始める。
手もとに描かれた光輪には目もやらず、溜めた腰を軸に、彼の全能力を光の刃に乗せた。
「ぶうっ裂く!」
光が一文字を描く瞬間だった。
獣の様にしなやかな影が懐に飛び込み、描かれるはずの文字が刃もろとも断ち切られた。
「!」
斬りざまの柄を強打され、それを落とさぬまでも必殺の一撃は阻止されたのだった。

「テスト完了です。模擬戦を中断して下さい」
緊迫した空間にそぐわぬ女性の声が響いた。
「終わりかよ」
気をそがれた男が太もものホルダーにパルサーショットを戻した。
「お疲れ様です、ソードウォリアー。任務は完了しました、後はごゆっくりお休み下さい」
オペレーターの声にソードウォリアーと呼ばれた男は鼻で笑った。
「はッ、終わったんなら帰らせてもらうぜ。おい手前ェ、決着はまた今度だ」
振り向き様、今まで剣を交えた相手に不敵な笑みを見せると、彼はトレーニングルームを後にした。
その背中を見つめる男の瞳には感情はあれど、前者の持つ命の光に比べ、冷めた光を放っていた。

「概ね順調、ですね」
「ミッションフォースの中でも手練を相手にしながら、あれだけ競り合う事が出来れば上等ですな。後は仕上げが残ってはいますが…」
この光景をモニター越しに、二人の男が観察していた。
上質なスーツを纏い豪奢なソファに体を預けた男が長い前髪を弄びながら、眼鏡に神経質な表情を隠した男へ話しかけた。
「あれでもまだ」
「ええ、実戦経験はありません」
無機質なメタルフレームの奥で狂気とも正気ともつかない輝きが誇らしげに光った。物言いからも、この男の顕示欲といったものが伝わってくる。それを受け止めるでもなく長髪の男が口を開いた。
「もう時間が残されていない事は承知していますね」
その声には深く冷たい響きが含まれていた。その意味を理解した眼鏡の男は身を震わせた。
「もちろん!私めも全能をかけて、計画は進めております!ご安心を…」
「その言葉、信じていますよ」
そう言いながら、既に彼の意識はその場に無かった。視線はただ一点、モニターに映る姿、冷めた表情のミクロマンを凝視していた。
そのミクロマン…ケルトの神の名を与えられた男が課せられた運命に気付くには、まだ時が手を持て余していた。
----------------------------------------------------------------------------
(文章のリハビリ代わりに駄文を少々。マニューバーフォース結成前のルーグと模擬戦をおこなった某ミクロマンという設定で。ファンの皆様、どうか石を投げないで…一応話し方はマガジンゼロワン版を元にしてます。ホントはもう少しクールな物言いをさせたいんですけどね。ちなみにしばらくはノベル更新は無いはずですのであしからず。)
[PR]

by ninesword | 2006-09-14 23:24 | ミクロノベル