NINE-SYSTEM

ninesword.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アトランジャー作成記( 5 )


2008年 01月 09日

シルエット調整

色々とやりながらなので、遅々としておりますが、アトランジャーの進捗です。
顔や羽パーツの削り出しはまだ完了してませんが、大まかな型抜きまで出来たので、
両面テープで旨パーツ含めてシルエット確認の借り組みをしてみました。

この状態から、ショルダーアーマー、腹部バックル、背中の逆V字型のウイング、シールドの作成・装着が大きな作業ですね。
頭の耳部分はイメージが違うと言う方も多いかと…スキル的に現段階ではこれ以上ディテールを近付けられないかも…
アレンジ版と最初から言ってはいますがちょっと悔しくもあり。
そんなこんなで、3月末位までに仕上げられたらいいなぁ、とか思ってます。
どうせ、アトランジャーはアオシマが許可を出さないだろうからリボルテックにはならないだろうとかタカをくくってますけれど…どうなるかわかんないですもんね。
出来もアレなので、携帯でテキトーに撮って誤魔化してるのはご容赦を…。
あ、額の黒点はパテ剥げ状態なので、すんません。
f0049781_015533.jpg
f0049781_2534372.jpg



おまけ:配色イメージ
f0049781_19454066.jpg

[PR]

by ninesword | 2008-01-09 00:17 | アトランジャー作成記
2008年 01月 02日

アトランジャーの記号

あけましてオメデトウございます。
そう言いつつも半径5m以内では、ちっとも正月らしい空気は一切流れちゃいませんが。

ダラダラとアトランジャーを造ってますが、結局顔は大改修になり、もりもりとパテ盛りで一回り顔が大きくなってきました。
元々リボルテックは顔が小さいので、ベースより少しくらい大きいほうが好みに近いのでいいかな、と。
手足のリング状のパーツをとりあえず0.5mmのプラ版で巻いて、少しらしくなってきた訳ですが、やはり手足の羽が付かないと…
まだ複製の型も作ってなかったので。胸のパーツは先に複製したんですが、まだまだ「おゆまる」での簡易複製のコツを掴むにはまだまだですね。
大雑把な型を作るのには向いているんですが、羽パーツのような細かい細工にはなかなか…しかしキャスト複製をするほどパーツ量産はしないし、頻繁にキャストを使う予定が無いと買うにも少々気が進まず、簡易複製してるので。
こうしてパーツを見ていると、アトランジャーの羽飾りは顔以外では一番大きな記号なんだなぁ、と改めて思います。。
子供の頃も、あの羽とブロークンカッターがツボでした。
ま、ちまちまやってきます。
[PR]

by ninesword | 2008-01-02 05:48 | アトランジャー作成記
2007年 12月 27日

早速

f0049781_21381490.jpg





















アトランジャー2000と、リボルテック改造版アトランジャーのベースにするガイキングが届いたので、早速イメージ調整の為に角をカットしていじってみました。

今回の耳は厚紙で適当に付けただけなんですが、大きさの違和感もそれ頬度無く、0.5mmのプラ板で作ればよさそうに思えます。
胸周りは、胸部そのものをクリアランスの為盛ったり彫ったり作業が必要ではありますが、飾りについてはアトランジャー2000の胸の鳥レリーフをそのまま付けただけなんですけれど、このアレンジならこれくらいのオーバーサイズ(完成サイズでは多分4cmくらい2000と、リボルテックでは身長差が出そうなんです。)でもOKだな、と思います。
複製を作って、少しアレンジするだけで充分な感じですね。

背中の羽は逆付けでバックパックの加工が必要。
武器のブロークンカッターは柄のサイズが少し細いですが、ほとんど作業をせずにMC版グレートマジンガーのマジンガーブレードが使えますね。

腰周りや手足はパテとプラ板で何とかなりそうだし、ちょっと楽しくなってきた(笑)
完成までの道はまだまだですけれど、思った以上の雰囲気があってよかった。
こんな大見得切ったアトランジャーっぽい立体を見た事が無かったので、ワクワクしますね。
[PR]

by ninesword | 2007-12-27 21:55 | アトランジャー作成記
2007年 12月 27日

少しはアトランジャーを語る

すっかりアトランジャーの作業は止まってます。
楽しみにしてくれている方には非常に申し訳ないです。
ですが、実はちょこっとアトランジャーの作成モチベーションが向上して参りました。
アトランジャー2000が多分明日当たり届くというのもありますが、前にやらないと言っていた
リボルテックでアトランジャーを造れそうだな、という目途が付きまして…
せめて「来年中には」3種類のアトランジャーを作ってみようかと思ってます。

●アトランジャー2000の製作。
●リボルテックベースの、超可動版アトランジャー。名付けるなら「アトランジャー・パワード」かな。シルエット的に少々デフォルメした手足の太い感じになると思うので。
●元々造りたかった雰囲気重視、かつ可動保持のウチのオリジナル版「アトランジャー・ゼロ」
最初に手をつけておきながら、これが一番時間がかかるかも…

可能ならいずれブラックアトランジャーとか、勝手なバリエーションに進めると面白いかもしれないですね。
そっちよりはエクスチェンジャーとかゴダイガーとかシャイアードに視野を向けろってのもあるかも知れないですけど。(分かる人にしかわからないマイナーモノですんません)
コンボイ司令官ベースなら、合体版デザインバージョンのゴダイガーとか、シャイアードは行けそうなんですよね…

しかし、アトランジャーを連呼するNinEですが、そのせいかアトランジャー関連で検索すると、ウチが比較的上位に来る事があり、非常に申し訳ないです。
早く一体でも仕上げて、体裁を整えないといけないですね(笑)

ちょっとはアトランジャーについて。
そのギリシャ風にも見える意匠から、ギリシア神話ベースのロボットと思われる事もあるアトランジャー。まぁ、れっきとした(笑)アトランティスの古代テクノロジーで造られたロボットで、オリハルコン製!一応ギリシアも関わりはあるか。
しかも何故かパイロットは日本人!で4体合体。
時代と共にデザインの変革はあれど、やはり初期アトランジャーのマジンガーなどを意識したと思われるデザインが一番魅力を感じます。
円柱型ロボって、なぜああも味わい深いのか…
今風のアレンジを加えれば、カッコよくもなるし。

アニメーションなどの媒体が無いにも関わらず、多くの人の記憶に留まり、語り継がれるロボというのも稀有ですね、ホント。

しかし、まぁストーリーも神話ロボとしてこんな感じでアップデートして作ったら面白くなりそうですよね。

アトラスの力を宿した巨神。アトランジャーを祭る神官たち。
しかし、悪しき神官(悪神の化身=異星人にインベードされた存在)がその力を己の野望に使おうとした時、神の怒りに触れ、アトランティス滅亡の引き金となる。

滅亡に際して神官も封印されたが、その悪しき欲望は世界に蔓延し、世界中の悪しき存在を活性化させてしまう。

そして時は流れ、人々からもアトランティスの記憶も失われた。
だが蔓延した悪はその根を世界に残しており、再び現代に蘇る悪神の化身。
その波動を感じ、深き海の底から目覚めるアトランジャー。
世界を救う戦士としてアトランジャーに選ばれた少年達が、世界を守るために戦い、成長してゆく。
まぁ、80年代的なアプローチですけどこんなベタな感じも良いかと。
[PR]

by ninesword | 2007-12-27 01:35 | アトランジャー作成記
2006年 07月 30日

アトランジャー用素体

先日書きました、アトランジャ−作成用のベースキットをアップします。
f0049781_23264357.jpg

ベースキットはバンダイMCシリーズのグレートマジンガーとゲッター1。
こういったプレーンなスタイルなのに何故マジンガーZでは無いのか、と言う理由はグレートのブレードが欲しかった事と、マジンガーシリーズの円柱形の手足が思いの外グラマラスなテーパーラインを描いている事にあります。
その為、二個イチの贅沢な仕様となった訳です。
ま、ゲッターの腰のベルトは予想外の良い部品でしたけど。

以下が今後の作業です。
○首下から胸部にリング状のカバーパーツと両肩のアーマー、四肢のリングパーツと羽、エンブレムをプラ板で作成。余裕次第でシールドも作成。
○エポパテとプラ板で頭部を作成
○スクランブルダッシュをベースにウイングを作成予定。
○肩、胸部、パンツ、手首、足首以上のパーツがゴム製の為、Vカラーで塗装予定。

のんびり作業でやってきます。
今回のアトランジャーは若干旧バージョンよりアレンジするのと設定を若干勝手に変更するので「アトランジャー・ゼロ」(仮)としておきます。
[PR]

by ninesword | 2006-07-30 23:41 | アトランジャー作成記